HOME

ハノイ日本婦人会のホームページにようこそ!

ハノイ日本婦人会

ハノイ日本婦人会

ハノイ在住の日本人女性を中心に1998年に発足し、会員相互の親睦及び日越親善を目的に活動しています。新会員歓迎会『ウェルカム・ハノイ』を催行するほか、情報誌『ハノイガイド』の発行や会報誌『BangLang』の配信を行なっています。


~JCCIより「日IN越文化祭」のご案内~

日頃よりJCCIの活動にご理解・ご協力を賜り厚く御礼申し上げます。

このたびは、以下の通りJCCIスポーツ文化委員会主催、

2021年度 「日IN越文化祭」への作品募集開始のお知らせをいたします。

作品を準備される方に関しましては、

新型コロナウイルスの影響で中止になる可能性もございますので、

ご了承の程宜しくお願い致します。

=================================================================

JCCI スポーツ文化委員会主催 

 2021年度 「日IN越文化祭」への作品募集開始のお知らせ

=================================================================

※詳細は添付ポスターをご覧ください。

【開催日】2022年2月27日(日)9:30~17:00  

      ※展示・パフォーマンスともに1日のみの開催です。

【場所】ホテル デュ パルク ハノイ HÔTEL du PARC HANOÏ

    (84 Tran Nhan Tong str, Hanoi)

【作品ジャンル】写真、書道、絵画、漆絵、彫刻、その他。

         ジャンルを問わず、芸術作品であれば応募可能。

【応募資格】ベトナム在住日本人およびJCCI会員企業のベトナム人

(作品の搬入が可能であればハノイ以外の都市からも応募可能、1人1作品まで)

【表彰】<展示部門>  ・在ベトナム日本国大使賞(1組)

            ・JCCI会頭賞(1組)

            ・JCCIスポーツ文化委員長賞(1組)

            ・日IN越文化祭実行委員会奨励賞(5組)

    <ステージ部門>・ベストパフォーマンス賞(1組)

            ・日IN越文化祭実行委員会奨励賞(2組)

【作品募集締切り】 2022年1月20日(木)

応募申し込みは右記サイトより>>https://www.jcci-culture.com

※すでに出来上がった作品の写真添付が必要となります。

【お問い合わせ先】JCCIスポーツ文化委員会 Email: jcci.culture@gmail.com



BangLang 20210922_ワクチン情報号.pdf

会報誌「BangLang」、ワクチン情報号を発行いたしました。

在ベトナム日本国大使館のご協力のもと 、在留邦人の為のコロナワクチン情報号を発行いたしました。ワクチン接種のご参考になれば幸いです。どうぞご覧ください。

日 以下のメールを会員の皆様に送信しております

ハノイ日本婦人会員の皆様


※ このメールは、在ベトナム日本国大使館より依頼を受け、会員の皆様に有益な情報を広くお伝えする為にお送りしております。


本日9月3日付で、在ベトナム日本国大使館より、ベトナム国内における在留邦人のワクチン接種に関する情報が発表されました。

以下のリンクより詳細をご確認ください。


ベトナム国内に在住の皆さまへの新型コロナウイルスのワクチン接種 | 在ベトナム日本国大使館 (emb-japan.go.jp)


また、在留届の提出がお済みでない方は、この機会に下記リンクよりご提出ください。

コロナ感染拡大の下、関係の情報を受信することができます。

https://www.vn.emb-japan.go.jp/itpr_ja/JP_Zairyutodoke.html

尚、上記内容に関するご質問は、在ベトナム日本国大使館(vntoiawase@ha.mofa.go.jp)へ直接お問い合わせくださいますようお願い申し上げます。



ハノイ日本婦人会



7月29日 オンライン入会案内会を実施しました

※夏季休暇前に開催予定の方を対象にオンラインで開催しました。


ハノイ市では現在15日間の社会的隔離が発令されております。

そんな中入会をお待ち頂いていた14名の方へ7月29日の午前と午後2回に分けて開催致しました。


婦人会としても初の試みでしたが、会員様のご安全を確保しながら案内する事が出来た事にほっとすると共に、コロナ禍においての新たなアプローチとして今後も活用していく方向でおります。


まだまだ模索中ですが会員様のハノイ生活においての一助になる事を願い、これからも活動して参ります。